お知らせ

インフルエンザワクチンの接種に関して(令和3年9月15日時点)

報道されている通りで、インフルエンザワクチンが今季不足しております。
様々な原因でインフルエンザワクチンの供給量が昨年よりも3~4割減少するとのことでした。
当院への供給も前年の3~4割減少するとの通知を受けました。
そのため予約は、現在当院に月に1回以上慢性疾患にて定期的に通院されている方を優先とさせていただきます。なおこの方針は今後のワクチンの供給状態により随時判断していきます。

アメリカのCDCのガイドラインで、9歳以上は1回接種、3歳から9歳未満児でも前年までに2回以上のワクチン接種があれば1回接種で良いとなっています。
抗原の量やワクチンの精製度、などの違いもあるので一概には言いにくいですが、昨年からこの方式を導入された小児科さんで特にワクチンの効果が劣ったとの話はないようです。
そのため、接種回数・対象年齢は以下の通りで考えています。

⓪0歳~2歳まで 当院での接種は今年も行いません。混乱を避けるためですのでご了承ください。
① 3歳以上8歳まで  2回接種
② 9歳以上大人まで 1回接種
*ただし、基礎疾患のある児(慢性呼吸器疾患、心疾患、腎疾患、神経疾患、血液・代謝性疾患―喘息・糖尿病を含む、免疫不全)に関しては2回接種を推奨しています。


なお当日に体調不良などでキャンセルされる方もいらっしゃるので、当日キャンセル待ちも若干名だけ受け付けますが、接種が可能になることを確約するものではありません。

一覧へ